MENU

専業主婦がキャッシングの審査に通るには

専業主婦の悩みは「ご主人の給料だけで毎月乗り切らなければならない」という事に一番悩むそうで、そのために何時でもお金が借りられるようにしておきたいという、多くの主婦もおられます。

 

しかし、2010年の貸金業法の改正がおこなわれ、主婦のキャッシングは制限されるようになりました。

 

主婦が利用できるキャッシング条件

キャッシングの利用目的で一番多いのは「生活費の補填」となっています。
長引く不況のせいで、賃金カットや、昇給が無いため、生活費を一時的に借りたいという主婦が増えているそうです。

 

キャッシングの申込は消費者金融や信販会社、銀行カードローンで可能ですが、2010年の貸金業法の改正で、消費者金融や信販会社でキャッシングする時は、収入がなければ原則利用できなくなりました。なので、パートやアルバイトなどで収入のある兼業主婦は、これまで通りのキャッシングが可能です。

 

「配偶者貸付」なら可能?

ただ、総量規制には「例外」があり「配偶者貸付」を採用している消費者金融なら申込み出来ます。そのためには、配偶者の同意を得ることが条件で、配偶者の収入とあわせた3分の1までは融資をしてもよいことになっています。

 

しかし、この制度はあるにはあるのですが、調査や審査に時間がかかるので、ほとんどのキャッシング会社は採算が取れないという理由から中止、または廃止になっていますのでこの制度で融資を受けるのは不可能というのが現状です。

 

銀行カードローンへ申込む

消費者金融や信販会社のキャッシングは専業主婦にとって厳しいですが、銀行カードローンなら年収による制限はなく、銀行の審査さえ通れば、無収入であっても融資が受けられます。

 

基本的には、銀行カードローンも本人に収入があることが条件となっていますが、なかには専業主婦を対象にした銀行カードローンもあります。

 

その場合、配偶者に安定した収入があることが条件ですが、イオン銀行カードローンは50万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローンは30万円まで、みずほ銀行カードローンは30万円までなら、専業主婦も申込ができます。

 

ただし、専業主婦だからといって審査は特別なものではなく、一般ローンと同じです。
なので、クレジットカードや公共料金の延滞があったりすると、審査に通るのは難しくなるので注意が必要です。