MENU

銀行カードローンでキャッシング

キャッシングでお金を借りると、当然利息を払わなければなりません。
この利息を出来るだけ少なくして借りたいのは誰の思いも同じで、利息を抑えて借りたい場合は銀行カードローンで始める事をお勧めします。

 

低金利で借りたい時は銀行カードローンがお勧め

キャッシングの金利設定は、それぞれの金融機関で違いがあります。
金利は、金融機関独自の基準で決めているので、それぞれに違いがありますが、一般的には銀行より消費者金融やクレジット会社の金利は高いといえます。

 

近年では消費者金融やクレジット会社でも、比較的金利を抑えて貸付を行っているところもあります。

 

金利が高ければ高いほど、返済をしていく中で利息の負担が大きくなりますし、借入金額が多ければ多いほど利息を含めた総返済額が多くなってしまい、その分、返済をする際の経済的な負担も大きくなってしまいます。

 

金利が低いほど審査が厳しい

大手消費者金融の金利は、下限金利4,5%〜上限金利18,0%の範囲でおさまっています。
銀行の平均上限金利は約14,0%前後なので、その差は4%となります。

 

たとえば給料日前の10日間だけ、5万円を借りる場合、消費者金融の利息は約250円、銀行カードローンで借りると約200円となり、その差はわずか60円だけになります。

 

基本的に銀行カードローンは消費者金融と比べて審査が厳しいと言われていますし、金利が低くなるほど審査も厳しくなると言われています。なので、短期で借りる場合は、利率より借り易さを考えて消費者金融を利用する方が、賢いキャッシングと言えます。

 

長期借入は金利の選択が重要

毎月返済額を同じ返済額で考えた場合、利息が少なければ少ないほど、元金返済に充当される金額が多くなるので、返済期間が短くなり、総返済額は少なくなります。

 

それに比べて、利息が多ければ毎月の元金返済額は少なくなり、返済期間が長くなり結果的に、総返済額が多くなります。

 

キャッシングの基本は、最初に返済計画を立てる事が重要で、長期で返済を考える場合は、できるだけ低金利で借りることが重要になります。

 

金利の比較をする時は、金融機関のホームページをひとつずつ見ていく方法も有りますが、キャッシングの比較サイトやランキングサイトを参考にすれば簡単に比較できます。