キャッシング審査

MENU

保証会社の保証

銀行カードローンの申込条件のなかに「保証会社の保証が受けられるかた」という文言が書かれています。その保証会社の役割とはどういったことをおこなっているのでしょうか。

 

消費者金融が保証会社になっている?

保証会社の名前を見ると、名前がよく知られているところで「三井住友銀行カードローンは三井住友グループのSMBCコンシュマーファイナンス、「バンクイック」は三菱東京UFJフィナンシャルグループのアコム、「オリックス銀行カードローン」はオリックス・クレジット会社」というようにグループ内の消費者金融やクレジット会社が保証会社になっているのがわかります。

 

保証会社の審査

「保証会社の保証が受けられる方」聞くと、何か特別なものというイメージがありますが、審査は、消費者金融の通常のキャッシングの審査とほとんど同じで、特別なものではありません。

 

審査で見ているのは「申込者に返済能力があるかどうか」の確認が主体です。
安定した収入が有るかとか他社の借入状況や、過去に遅延や延滞などの金融事故を起こしていないかなど、消費者金融のものとほとんど同じです。

 

違いがあるとすれば銀行からの貸付するための審査になるので、消費者金融の審査がそのままというわけではなく、銀行のカードローンの保証の審査基準は、いくらか厳しくなるようです。

 

保証会社の役割とは

銀行カードローンの審査は、銀行の審査とは別に保証会社の審査を受けることになります。
保証会社の保証が受けられなければ銀行の審査に通らない理由として、保証会社は万一利用者が延滞や返済不能となった時、利用者に代わり、銀行に対して代位弁済をします。

 

代位弁済をすることで、債権は銀行から保証会社に移ります。
そうなると、銀行に代わって保証会社から「残っている債務を払ってください」という督促や書類など、保証会社からくるようになります。

 

銀行はカードローンの窓口ですが、保証会社が申込者の保証をする事によって、審査の最終判断から、延滞している顧客の管理まで、すべてを保証会社がおこなうようになります。

 

保証会社を付けることは銀行にとって損失がなくなるので、保証会社の存在は銀行にとって大きなメリットになっています。